社会保険労務士の資格試験として

社会保険労務士という資格の勉強に色々と苦労した記憶があります。

まず、労働と社会保険というジャンルがあり全8科目の出題されるわけですがお互いに関連性を持っているのでそれなりに効率的に学習することができました。

各ジャンルでまんべんなく特典をしなければならないということになっていますから割と勉強方法としてはどれも均一に行うということを心がけていたくらいです。

学校に通うことも考えたのですがちょっとお金がかかりすぎるということがありましたので独学でということにしました。

参考書は全部で2万円ぐらいしたのですがそれでもかなりまんべんなくジャンルがカバーされており、その上分かりにくいであろうというところはかなりしっかりと説明がされていましたので問題なく学習ができるようになっていました。

最近ではインターネット上のサイトで社会労務士というのいくらでも調べる事が出来ますし、過去の問題からクイズのような形で出してくれるようなサイトもありますのでそれでちょくちょくと勉強をしていき地道に知識を蓄えて行きました。最終的に5年かかりました。