税理士でどのような対応をするか

顧問税理士いるとき税務調査をするといった税務署からの事前通知から日程調整や、調査当日の税務調査官とのやり取り依頼人い代わり税理士することに。

そして調査時に必要な書類準備に関して税理士対応してくれて時間的・心理的負担抑えられるのです。

税理士と顧問契約結ぶときに月額顧問料がかかりますが。これら固定のコストになって個人事業主、小規模事業者にとって負担になるケースがあります。

ですが、支払う顧問料以上の節税効果見込めるとの個展でメリットでなくなります。そして日常的に税務相談、経理事務依頼しない時顧問税理士のメリットの恩恵受けられなくて、顧問契約するのならしっかり税理士を活用して顧問料払い損とならないようにしてください。

そして一般に年間売り上げが1000万超えた段階で顧問契約考えたほうがいいとされてます。そして理由は節税対策必要なこと、消費税の課税事業者になる、経営と経理作業とのバランスなどです。覚えておきましょう。