税理士になってメリットはなにか

税理士の業務は税理士法に定められていて、3つの業務は資格がないとできない独占業務なのです。

税務代理、税務書類作成、税務相談で、例えば税務調査立会い、申告書作る上で税額の計算の相談応じたり申告書税務署に提出するサービスを依頼人の求めに応じすることが可能そして、大したことに付随の業務の会計帳簿の記帳代行サービスなど税理士は行えます。

そして、税理士と顧問契約と結べばメリットありますが、税務相談可能なのは税理士資格持つ方のみ。顧問税理士がいれば経営者抱える税務の悩み、業務を相談可能です。日常の疑問レベルなら追加支払い必要なく気軽に尋ねられます。

そして税理士により経営者自身税理士事務所訪れることなくメール、税理士が会社訪問するかたたちで対応してくれたりします。

そして、税理士は節税対策のノウハウがあって節税対策を期待可能。

ですが、節税をするため決算対策が大事で決算委直前から対策練ろうと思っても難しくて1年間通じ早く対策を行っていきましょう。