税理士資格を取った時に

長期の勉強の末何年もかけ税理士資格を取りますが、資格取得へ意欲持続し続け勉強しなくてはならない難関の税理士資格とったら、どういったメリットあるのか。

数字、計算が好き、納税興味あるなど人のためになる仕事したいなどで税理士目指すとき利湯はそれぞれでしょうが、取得後の税理士として働く自分をかんがえるから数年間の苦労報われるはず。

そして税理士事務所の税務スタッフの仕事してきた今までと、取得後税理士という肩書ついてからすぐの業務内容は、特に変わらないかもしれないです。

ですが、肩書変化して、それや、環境に適した知識や技術身につけなくてはならないので常にスキルアップし続ける必要が生まれてきます。

また環境が人を変えて税理士経験、知識が豊富となれば信用など経られます。スキルアップできる環境あるからやりがい感じられるはずです。

そして、税務スタッフから税理士名乗れるようになったのは税理士事務所勤務であっても一般企業勤務でも一目置かれる存在に。