行政書士の実践的な知識は独立する時に大切

行政書士として独立して働く時には大変なことが多いと感じていたのですが、会社員として働くよりもやりがいがあると思ったので資格を取りたい気持ちになりました。

会社員の時は安定して収入が入っていたのですが、独立すれば収入が不安定になってしまう不安がありました。

そのため、独立してからすぐに本格的に働けるようにしっかり実践的な知識を付けるなど準備をしっかりしておきました。

私は知人の行政書士の仕事のお手伝いをした経験があったのでどんな内容の仕事をするのかは知っていました。そのため、独立してから問題なく顧客の要求に応えることができてよかったです。

私は行政書士の資格を取ってすぐには多くの収入を得ることは難しいと感じていたのですが、短期間で顧客を得ることができて嬉しかったです。

収入が安定するまで時間がかかってしまいましたが、自分の力のみで稼げている実感があったので行政書士の資格を取って独立して良かったと思っています。